介護職への転職までの道のり

転職の面接で伝えたい離職期間の過ごし方について

離職期間と転職

離職期間と転職

転職やキャリア支援に特化した転職エージェントでは、今後のキャリア形成の方法などを教えてくれます。離職期間が長引けば転職活動にも悪影響がでてくる場合があります。今回は、離職期間がマイナスにならないような方法を紹介していきます。

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

長期間離職するリスク

前職からのブランクが長いと面接で離職期間に関して質問されることがありますが、これは離職期間が長いと転職活動が厳しい環境下にあったのかと思われてしまうからです。つまり、長引く離職期間についてはマイナスなイメージをもたれることが一般的で転職活動において不利に働くことがある、ということです。転職活動の平均期間は約3ヶ月間と言われています。この期間に雇用されなければ採用側にマイナスイメージがついてしまい、書類選考の段階で不合格になってしまうリスクも生じてしまいます。

離職に対しての雇用側の見解

雇用側が面接をする際、みられるのは離職期間と前職での職務能力です。特に仕事に対する意欲については、離職期間が長いと応募した本人自身のモチベーションが低いのではないかと不安がられてしまいます。働くことが嫌で離職したのではないかと思われ、仕事に責任感がもてない人材であるとレッテルを貼られる可能性もあります。また、離職期間が長いと長期雇用されなかったのは能力不足に原因があると思われることもあります。ここで言う能力とは仕事に必要な専門スキルをはじめ一般常識などの社会人としてのスキルです。雇用側は、離職中の転職活動に対する姿勢も加味しながら、判断能力や柔軟性、計画性やリスク管理能力なども判断しているのです。もしも長い離職期間があっても、面接時に面接官が納得できる説明ができれば、転職することは可能です。面接官が納得できるような回答を用意しておきましょう。

面接でのポイント

面接では離職期間が長引いたとしても、それをマイナスと感じさせない回答にしなくてはいけません。面接官に離職期間中のイメージが悪く伝わらないように、この期間が自分にとって必要な時間だったと肯定的に伝える必要があります。中途採用の場合、中間管理職が面接官となり自分の部下を決める場に遭遇することもあるためいろいろな視点で人となりを見極めようとします。そのため、表情や間合いから嘘をついていないか、取り繕っていないかと厳しく見ているため、長引いたことを後ろめたく思うのではなく自分に必要な期間だったと胸を張って正直にこたえましょう。
また、仕事に対する姿勢が注目されます。これまで仕事で取り組んだ経験をうまくピックアップして、離職期間も有意義に過ごしたことを伝えましょう。離職期間中に学んだことやスキルについても、具体的な証拠を提示してみてください。面接官に入社後の活躍イメージを伝え、今までの知識やスキルがどのように職場にいかせるのかをアピールすると不利だと思われがちな離職期間が長いことも肯定的にとらえてもらえます。

いまこそ介護職

介護職にはどんな魅力があるのかを紹介します。転職を考えている人に介護職の魅力を伝え、介護職へ転職をしてもらうきっかけとなる情報や転職活動で利用すると有効な転職エージェントについても詳しく紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。当サイトに関するお問い合わせは、こちらからお願いいたします。

いまこそ介護職