介護職への転職までの道のり

転職期間に準備しておくべき面接での自己アピールのポイント

面接で想いを伝えよう

面接で想いを伝えよう

転職での人材選考では、書類選考と面接がおこなわれます。転職の際、履歴書の作成や面接の準備のポイントをおさえた方法で面接を受けることで、結果が大きく変わります。応募先の書類選考を見事パスし、次の面接に備えましょう。ここでは離職したことも含めたアピールポイントを好印象につなげる面接方法を紹介します。

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

面接官が納得する退職理由を伝える

前職の退職理由は、面接官からよく聞かれる質問のひとつです。同じ意味合いの内容でも、伝え方を間違えれば、本来の評価より低い評価がくだされてしまう可能性もあります。聞かれたことに対してすべてを曖昧に受け流すと、印象は悪くなりますが、自分にとって確実に不利になりそうな場合は、はっきりと答えず曖昧に答えていたほうが有利になる場合もあります。そしてネガティブな退職理由は、採用側としても不安要素として判断されます。
面接時には、気をつけて退職理由を述べるとよいでしょう。前職の職場環境の悪さや人間関係のもつれなどの理由は、応募先で不安がられる理由になります。仕事をするうえで周囲の人に責任転嫁してしまう人物だというネガティブな印象をもたれてしまうかもしれません。面接ではネガティブな理由で退職したとしても、その事実をポジティブに捉える視点があることをアピールすることが必要なのです。前向きな気持ちをもっていることや、仕事に対して意欲的に取り組む姿勢をアピールしましょう。

志望動機は好印象を与えられるものに

面接では自己PRの他になぜ選んだのか理由を聞かれることも多いため、その情報源になる部分をはっきりとさせておきましょう。そのためには採用側のより深い情報収集が必要です。面接で聞かれることを想定し、自分の最も伝えたいアピール部分をピックアップして面接に挑みましょう。また転職には、業界未経験の場合であるときや異業種からの転職、同業種間の転職などがありますが、介護職に転職するときは介護職に貢献したいという姿勢を伝えることがポイントです。

自己経歴を魅力的に伝えるコツ

シンプル過ぎて短いアピールは、職務経歴に深みがなくなります。採用側が欲している必要最低限の情報は出せるように、今までの経験とスキルは具体的に伝えましょう。自分のアピールできるポイントは、入職後にどのようなメリットになるかを想像できる面接にすることか、です。働き始めたらやる気をもって取り組める分野を示し、将来展望を含めた面接になればより採用の可能性もアップします。また、残業や夜勤についても対応できるか聞かれることがありますが、残業は無理です、と簡潔に答えるのではなく、子どもが中学生になるまでは難しいなど明確な事情を話しておくようにすると入職後のトラブルは少なくなります。
そして面接の最後に、丁寧に仕事内容を説明してもらったことなど面接の対応に感謝の言葉を述べて退出すると、好印象与えて面接を終えることができます。

いまこそ介護職

介護職にはどんな魅力があるのかを紹介します。転職を考えている人に介護職の魅力を伝え、介護職へ転職をしてもらうきっかけとなる情報や転職活動で利用すると有効な転職エージェントについても詳しく紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。当サイトに関するお問い合わせは、こちらからお願いいたします。

いまこそ介護職